イクメンとは素晴らしい

イクメンとは素晴らしい

最近『イクメン』という言葉が流行りだしましたね。

育児を進んでやってくれるメンズの事なんですが、イクメンは昔では

考えられなかったのではないでしょうか?

もともと、何がどこにあるのかさえ昔のお父さん世代はお母さん任せ。

何もかもお母さん任せで、家事なんかしたことない!くらいのお父さん

世の中に、多いのでは?

最近では、めっきり傾向が変わったんですよね。

育児を手伝ってくれるパパは素敵!という見方。

確かに、お仕事を終えて帰ってきて子守りを少しでも

手伝ってくれたら、ママとしては大助かりです。

毎日帰りが遅かったり、休みが変則だったり、パパと過ごす時間が短い家庭

やっぱり、比較的多いのではないでしょうかね。

わたしのまわりでも、毎日7時半くらいに家に帰ってくるパパって

あまり聞かないんです。公務員をやっているという人もいないし

毎日8時前帰宅はほぼゼロに等しいような気がしますね。

30代40代は、働きざかりなので仕方ないような気もしますが・・・。

そんな働き盛りの頃に、イクメンだと素敵ですよね。

わたしもお願いできるのであれば、少しは家事育児お願いしたいものです。

毎日家政婦欲しいと思ってしまうほど大変なので、1~2時間だけでも

イクメンになってくれると、すごい助かります。

忙しいパパにそれはさすがに今、お願いできないですけどね!

毎日深夜帰宅で、他に何かしてとは言えないです、可哀想で・・・。

イクメンブームにのっとって、土日はいっぱいイクメンなので

土日は思いっきり遊びはパパにお任せしている我が家。

それだけでも少しママは助かりますよね!

世界にはパパが育児休暇をとって、積極的に育児をしてくれる国もあるみたいですね。

すごい羨ましい。日本では、そんな育児休暇、なかなかとりずらいでしょうね・・・。

ホワイトキー

クジ運はなくても応募

自分は懸賞など当たった事がないし、ビンゴ大会とかでも当たった試しがないです。

従って、明らかに「くじ運」というのがない人間だと自負しています。

今までの人生で懸賞とか、クジなどで当たった事が一度もなかったし

二次会などのビンゴでもリーチにすら、なった事もないんです。

今回はある程度の人に当たりやすいクジでーす!とかのクジでも

大抵何も当たらないんですよね、本当にクジ運ないなっていつも思います。

知り合いの子に、以前車が懸賞で当たったけど、駐車場を持っていないので

確保が難しくて辞退している子はいました。

車が当たるって凄い強運だなぁ・・・とビックリしました。

そんな大きな当たり、一度でいいから体験してみたいものです。

その子は、話を聞くと過去に宝くじも、少額ですが1万円など

たまに当たるって言うんですよね。

前回奇跡的に3000円当たりましたが、それは人生で初めてだし

今後も当たる気はしないです、私・・・。

懸賞に応募とかする時間も今は、あまりないので、何かを狙うのは

難しいですが、ちょっと懸賞でいいもの当たった!って報告してみたいです。

車が当たるとか、夢のような話ですよね。

我が家には車ありますが、軽などで2台所有に憧れているので

軽など懸賞応募があったら、今度軽い気持ちで応募してみようかな。

駐車場確保や、車検など維持費は2倍になってしまうので

お金はかかってきてしまいますけどね~。

特産品とか、商品券(クオカードなど)なども是非当ててみたいです。

応募倍率きっと凄いんでしょうね~。

旅行券やお洒落な雑貨や、便利キッチンツールなどもいいですね。

色々妄想していると、欲しいものというか当たってみたいもの多数あります。

懸賞生活なんて、昔バラエティ番組でやっていましたね。

あそこまではできませんが、ちょっと時間が出来たら久々に

懸賞応募してみたくなってきました。